藤子不二雄ミュージアムでは最初にミュージアムカフェに行こう!はらっぱもね

さて、登戸駅をコロ助号に乗って出発したゆみ家御一行は

 

念願の・・・・

 

藤子F不二雄ミュージアムに到着です!!

 

もう、着いた瞬間、私の心はウキウキになりました~♪

 

なぜなら・・・

 

 

藤子不二雄ミュージアムに到着

結構シンプルな外観だな~と言うのが第一印象

 

ですが、バスの運転手さんのひと言でテンションアップ!

 

「ドラえもんの目がお出迎えですよ♪」

 

きゃ~!!

 

本当だわ!!

 

ドラえもんの目よ!!

 

この目のほかにもいろんな「ドラえもんの目」がお出迎えしてくれました♪

 

到着して、すぐに外でチケットの確認をされ、その際「9時45分に入り口が開きます」とアナウンスされます

 

この時、一緒にパンフレットと「おはなし電話」の使い方の紙をもらいました

 

9時45分になり、大体15人くらいずつかな?エントランスの手前の部屋に入り10時になり次第エントランスに入れます

 

始めに行く場所はミュージアムカフェ!

まず、エントランスに入り、チケットチェックが終わると「おはなし電話」と言うものを借りるのかどうか聞かれ、借りるのであれば「展示室」から順番に見ていくことになります

 

でも、ちょっとまって!

 

まずは、ミュージアムカフェに行きたくない?!(ブルゾンちえみ風)

 

混んだら嫌なので、レストランに先に行きたい方は「おはなし電話」を後で借りると言えば、またエントランスに家族全員で行くことになります(ひとり1台、本人にしか貸してもらえません)が借りる前に3Fに行くことができます

 

借りてしまうと、必ず展示室から見なければいけません

 

レストランは待つのが嫌という主人のために私たちもおはなし電話を借りずに3Fに行きました

 

混んでいる時は早めに行かないと2時間待ちとかになると聞いていたのですが、私たちが行った日は比較的空いていて、整理券も配っていなかったのでレストランよりも先に「はらっぱ」にいきました

 

なので、初めに行くのは

 

ミュージアムカフェ

 

がおすすめ!!

 

整理券が配られていたら始めに整理券をもらい、私たちのように空いていればミュージアムカフェの隣にある「はらっぱ」に行くと言う選択が出来ます

 

はらっぱでさらに興奮する

ミュージアムカフェが思っていたより空いていたので、隣にある「はらっぱ」に先に行くことにしました

 

これも大正解で、私たちの前に家族連れが2組、女性2人組が1組いるだけで、写真が撮り放題でした~♪

 

ドラえもんのこの表情がたまらな~い!!

 

後ろにあるドカンも必ず覗いてみてくださいね♪

 

しかし、思った以上に大きな土管でこんなどかんの上でリサイタルをするジャイアンのバランス感覚はすごいですね~

 

次に見えてきたのは・・・

 

 

どこでもドア~!!

 

どうも、未来から来た孫です・・・すいません、娘です・・・

 

お次は~!!

ドラえもん のび太の恐竜のピー助!!

 

娘も大好きな映画で大興奮!!

 

その右上には・・・・

 

と続けたいところですが、はらっぱの反対側の屋根の事も紹介したいので次回に続きます

 

関連記事

藤子不二雄ミュージアムのチケット購入からバス乗り場in2018

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です