4歳の誕生日プレゼントにアクアビーズを欲しがった娘、でもアクアビーズの対象年齢は6歳さてどうする?

お子さんの誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントって本当に悩みますよね

 

しかも、欲しがったものが子供の年齢よりも対象年齢が上のおもちゃだと本当に遊ぶのかどうか、遊べるのかどうかわからないのでさらに困りますよね

 

私の娘の4歳の誕生日もそうでした

 

欲しがったものは

 

エポック社の「アクアビーズ」

 

対象年齢6歳

 

すごくすごく悩みました

 

でも娘が譲らなかったので結局、買いました!

 

「アクアビーズアート☆アナと雪の女王セット」

 

 

<そしたらどうなった?>

 

しばらくは私が作る事になりました!!

 

予想通りの展開(笑)

 

ペン先にビーズをはめ込んで同じ色の場所に落とすということが出来ずにしばらくは「出来ない~ママ作って~」と泣いていました

 

私も「はぁ~、やっぱりね」と思いつつも時間がある時は娘の言うままに作ってあげていました。

 

娘は私が並べたビーズに水をかけて「乾いたら剥がし取る」という作業をするだけで満足感を得られていたようです

 

その状態が2か月くらい続きました。

その後はアクアビーズに飽きたのか、しまったままだったので私も面倒くさいので何も言わずにいました

 

<今現在(娘、4歳9か月)どうしてる?>

 

なぜか、また急に目覚めた様子でアクアビーズを新たに私の父に買ってもらっていました

ちなみに今回購入したのはこちら

アクアビーズ キラキラアクセサリーデザイナー

 

こちら、キラキラしててケースが可愛いと言う理由で買ってもらっていました

 

なので、アクセサリーは作っていません

 

私も今回はあまり手伝っていません

 

なぜかと言うと・・・

 

 

1人でせっせと作っているからです!!

 

最初は「作って~!」と持って来ていたのですが、試しに

 

 

「これね、この見本の色と一緒の色にしなくていいと思うの、ゆきが好きな色で並べてみたらいいよ」

 

と言ってみたら「見本どおりに作らないとダメなんだと思っていたけど違うんだ」と思ってくれたようで、今ではお手本すら見ずに自分の好きな色、好きな形に作っては水をかけて固めています

 

で、こんな感じの得体のしれないものを日々量産しています

上の物は「男の子だから青いのを多くしてみた」

下のは「女の子だから黄色とオレンジ」

 

と説明してくれました

 

娘は明確に何かを作った様子ですが、母には何だかわかりません・・・

 

他にもパフェを作る用のコップ(キラキラアクセサリーデザイナーの付属品)やもともと持っていたお人形用のコップにいろんな色のビーズを入れて

 

「ママにパフェ作ったよ~、こっちはメルちゃんのジュース」

 

と言ったように自由に発想して遊んでいます。

 

対象年齢より下だからちょっと手はかかるけれど、

 

・小さなものをつまんで離す

・自分で色を決めて形を作る

・アクアビーズ以外の遊びでも活用している

 

これだけで買って良かったなと思っています

 

 

ゆみ家は主人が特撮のおもちゃ、私の父が行けばおもちゃを買い与えるタイプのおじいちゃんなので私はめったにおもちゃは買い与えないのですが、このアクアビーズだけは「無くなったら買ってあげるから言ってね」と言っています

 

もちろん、お手伝いしてポイント貯めたらですけどね☆

 

あと、ポイント5つでアクアビーズのビーズだけ(ケースは2つもあるので)買ってあげる予定です

 

なので、4歳になりたてのお子さんはお母さんも一緒に楽しみ、4歳後半くらいのお子さんなら十分1人で遊べるおもちゃだと思います♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です