ビビディバビディブティックに行ってきました!ディズニーin2019年

毎年恒例になっている娘の誕生日ディズニー

 

今年は身長も伸びたし、乗れるものも増えたから娘に

 

「何乗りたい?何したい?」

 

と聞いたら

 

「ビビディ・バビディ・ブティックに行きたい!!!!」

 

と即答されてびっくりしました

 

まさか、ビビディバビディブティックと言われるとは思わなかったので慌てて調べて体験してきました~!

 

 

 

ビビディ・バビディ・ブティックとは?

ビビディバビディブティックとは素敵なプリンセスに変身できる子供のための美容室です♪

<場所はどこにある?>

ディズニーリゾートにある美容室で今のところ(2019年)

・ディズニーランドホテル

・ディズニーランド

の二か所にあります

ディズニーランドホテルはパークの外にあるのでパークチケットは必要ありませんがディズニーランド内のビビディバビディブティックに行くには別途ディズニーランドのパークチケットが必要です

 

<利用年齢は?>

3~小学校6年生まで利用できます

 

<どんなプリンセスになれる?>

・シンデレラ(プレミアムドレスもある)

・オーロラ

・ベル

・ラプンツェル

・アナ

・エルサ

 

の六種類です

※シンデレラのプレミアムドレスはプラス料金が25,380円かかります

 

<ドレスのサイズは?>

100,110、120,130,140,150㎝が用意されています

 

私は長く来て欲しい、あわよくば来年の誕生日にも着れるよう(←貧乏性(笑)に大きめの120㎝を予約していましたが、胸の開きが大きめに出来ているので120だと胸が開きすぎてブカブカになってしまうかもと言われて、ジャストサイズの110㎝に変更してもらいました

ちなみに、当日の変更も快くしていただきました!

 

<靴のサイズと種類は?>

サイズ:15㎝、16㎝、17㎝、18㎝、19㎝、20㎝、21㎝、22㎝、23㎝

色:ホワイト、ピンク、ブラック

※シンデレラのプレミアムドレスは専用の靴が別途あります

 

靴はドレスと違って大きめサイズの19㎝でお願いしました

こちらはしっかりした作りになっていて、甲の部分がきつくなっちゃうと足が痛くなる子もいるという事なので普段17.5㎝か18㎝の靴を履いている娘ですが予約時の19センチの靴(←この辺も貧乏性(笑)を変更なしで使用しました

親から見たら「大きすぎない?」と思いましたが、本人は足首のベルトがあるからか特に歩きにくさも痛みもなかったようで夜までずっと履いていました

 

 

ビビディバビディブティックの流れ

予約時間までにビビディ・バビディ・ブティックへ向かいます

 

待合室がないので、5分前行動がおすすめです!

 

ちょっとわかりにくい場所にありますがワールドバザールのちょうど真ん中に位置しています

 

ハウスオブグリーティング(文房具)から数えてもリフレッシュメントコーナー(ホットドック)数えても3件目です

 

朝一の予約でなければビビディ・バビディ・ブティックの前には素敵なプリンセスたちがいるので入り口はどこだろうと迷うことは無いと思います

私たちは10時半の予約だったので数名の素敵なプリンセスが入り口の前で写真を撮っていましたよ♪

 

受付に予約している事を伝えるとまずは

「トイレは大丈夫ですか?」と聞かれます

ブティック内にはトイレが無いようなので、先に済ませておくことをお勧めします

 

その後エレベーターでブティック内に移動、ブティック内の受付でコースの確認をします

 

ゆみ家は

キャッスルコース  36、720円(税込み) 所要約75分

・ドレス&シューズ

・ヘアメイク

・メイクアップ

・キッズ用マニキュア

・プリンセスフォト

 

にしました

 

確認後、可愛い小部屋に案内され

①ドレスの確認(ゆみ家はオーロラのドレス)

②サイズの確認

③靴のサイズの確認

 

この部屋でのサイズ変更は無料でした

予約時のサイズに絶対しないといけないわけじゃないので、安心して予約してください♪

ちなみに、この部屋での写真、ビデオ撮影はNGです!!

 

サイズ確認を終えたら次は・・・

 

メイクルームに移動~!!

 

メイクルームでは髪型を選んでヘアメイクしてもらいます

 

メイクもしてくれますが、口紅やアイシャドーなどはキャストさんチョイスでした

 

ネイルも付属のネイルカラーとネイルシールはキャストさんチョイスでした

 

 

こちらは撮影OKでした

 

さすが、プロですね、微妙な髪の長さの娘でも素敵なヘアスタイルしてくれました!

 

ちなみに付属のメイク道具はこちらです

 

メイクとヘアアレンジが終わったら、先ほどの小部屋に戻り衣装チェンジ

 

その後、写真撮影になります

 

写真撮影の部屋ではビデオ、写真共にNGです

 

写真撮影後、撮った写真の確認と支払いを終えて終了という流れになっています

 

ビビディ・バビディ・ブティックを体験した感想

いや~!!!!

 

疲れた!!!

 

なぜかって言うと、もともと写真嫌いな娘が予約時には張り切って

 

「写真も撮りたい!」

 

と訴えたため、大丈夫か?と心配しながらもスタジオ撮影のみのキャッスルコースを選択

 

が、本番になって

 

「やっぱり写真は撮りたくない!!!!もうドレス脱ぎたい!!!!」

 

と号泣・・・

 

ドレス脱ぎたいってあんた!

まだ着てから1時間もたってないわよ!

何とか頑張って写真撮ってよ!

あなたが写真も撮りたいって言ったんでしょ!

 

と親子喧嘩ですよ(;´Д`)

旦那も脱ぎたいって言葉を聞いて

 

「いくらかかってると思ってるんだ!」

 

と怒り始めちゃってキャストさんにはご迷惑をおかけしました・・・反省・・・

 

キャストさんは優しく

「次の撮影の方までまだ時間があるのでちょっと休憩しましょう」

と言ってくださいました

 

ありがとう、キャストさん( ;∀;)

 

で、母的には写真撮影拒否の理由がわかっていたのですが、それをキャストさんに言えず、なだめすかして撮影させようとしていたらもう一人(写真撮影に2人キャストさんが付いてくださいます)のキャストさんは薄々感じ取っていたのか隙を見計らって撮影に挑むもあと少しのところで失敗

 

結局、私の手を握ったままなら写真とってもいいと娘も納得して何とか撮影終了

(すべての写真の私の手も写っています・・・涙)

 

母は午前中ですべての体力を使い果たしました・・・

 

脱ぎたがっていたドレスは主人に

「少しぐらい我慢して着てろ!!」

と怒られてしばらく着ているうちに行く先々でキャストさんに

 

「プリンセス、ごきげんよう!!」

 

「プリンセス、こちらへどうぞ!」

 

とプリンセス扱いされ機嫌も戻り、逆に

 

「まだ脱ぎたくない!!!」

 

と夜、ホテルに帰るまで着ていました(笑)

 

 

本人は「来年はベルのドレスにする!」って言ってるけど、母はもうお腹いっぱいです!!!

 

それに、来年は割引もないし・・・

 

今年は新入学割引(新一年生は10%オフ)があったから思い切って予約しました

 

10%オフは大きいですよね!

 

ゆみ家のビビディ・バビディ・ブティック体験は身も心もボロボロになりましたが、キャストさんや体験内容は完ぺきなので、迷っている方はぜひ一度体験してみてください♪

 

※書こうか迷ったのですが、こんな子もいるよと言うこと写真館の方などに知ってもらうといいかなと思い、なぜ、娘が写真撮影を拒否したのか書いてみます

ズバリ、カメラマンが・・・

 

男性キャストさんだったから!!!!

 

私の思い込みで、まさかビビディ・バビディ・ブティックに男のキャストさんがいるとは思わなくて・・・

その男性キャストさんがこれまた一生懸命にやってくれたので

「この子、男の人ダメなんです」

とは言えなかった・・・

もう一人の女性キャストさんか薄々わかったようで、男性キャストさんが席を外しているうちに撮影を試みるもあと一歩のところで男性キャストさんが戻って来てしまい失敗

 

うちの娘、男性が嫌いといわけではなく、男性だと恥ずかしくてポーズが決められないんです

なので、同じような心配がある方は事前にビビディ・バビディ・ブティックに聞いてみるとよいと思います

 

でも、本当に、優しくて一生懸命な男性キャストさんだったんです!

男性キャストさんは悪くないんです

私の確認不足、思い込みが招いた出来事でした・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です