膵臓癌の症状はわかりにくい?~私の母の場合~

ここ2か月ほど風邪がスッキリ治らず悶々と過ごしているゆみです・・・

 

食っちゃ寝予定のお正月も喉が痛すぎて「食っちゃ」が出来なかったのが心残りです

 

それと同時に「どこか体に悪いところがあるのかしら?」と不安にもなっています。

 

ここ十数年ですっかり「癌家系」になってしまったゆみ家なのでちょっと風邪が長引くと「もしや私も癌?!」と胸を触ってみたりみたりしています

 

去年も芸能界の方が癌で亡くなるニュースをみて悲しくなり、年末には星野監督の「膵臓癌」報道

 

私の母も「すい臓癌」でした

 

膵臓癌は発見しにくい癌と言われていますが、私の母は比較的、早期に発見することが出来て手術も受けることが出来ました

 

何故、比較的に早期に発見されたかを記してみたいと思います

 

あくまでも「私の母はこうでした」というだけで、すべての人に当てはまるとは言えないので参考までに読んでいただけたらと思います

 

 

すい臓癌の症状と母のすい癌が見つかった経緯

すい臓癌の症状は検索すると有名な研究センターや病院が載せているのでここでは一般的に言われている症状を載せておきます

 

・腹痛

・黄疸

・腰や背中の痛み

・食欲不振

・体重減少

 

上記の症状が一般的ですが、すい癌として特異的な症状ではありません

 

私の母の場合は

・黄疸

・胃もたれ

でした。でも本人は「胃がもたれる」という話はしていたのですが、母本人は黄疸はほとんど気にしておらず祖母(母の実母)が「最近、顔が黄色いような茶色いような感じがする」と言う話を私に電話で話していました

 

私は実家を出ていたので顔色についてはしっかり見ていたわけではないですが、やはり胃もたれは気になったので病院を進めると「近々、健康診断に行く」というので結果を教えてねと母に話しておきました

 

健康診断でやはりレントゲンには異常はなく(すい癌なので写ってなかっただけ)胃カメラを飲んだ時に前日の夜ご飯以降、絶食をしていたにも関わらず胃の中の物がほとんど消化していなかったことがわかりました

 

この時、検査をしてくれた先生(母のかかりつけ医でした)が「胃の内容物が消化されていない患者がすい癌だった」という症例を知っていたらしく、一応、癌の検査もしておこうと言ってくれ、詳しく検査したら「すい癌」が見つかったという流れでした

 

 

すい臓癌になりやすい人の特徴と私の母の特徴

・遺伝

膵がん患者の4~8%では家族の中に膵がんの方がいるそうです

・喫煙

膵がんの危険因子として確立されているのは喫煙のみだそうです

・飲酒

・コーヒー

1日3杯未満のコーヒー引用は膵がん死亡の危険率を下げると言われていますが、1日4杯以上のコーヒー引用で膵がん死亡の危険率が上昇すると言われています

・食事要因

・肥満

BMI30以上では膵がんの危険性が男性で1.4倍。女性で1.3倍と言われており、肥満に伴い糖尿病の頻度が高くなることが膵がんになる危険率の上昇に関与していると考えられているようです

 

私の母は50歳くらいまで肥満気味(身長153センチ、体重64キロ位)ではありましたが、喫煙も飲酒もせず、食事も暴飲暴食するタイプ(肉よりは魚が好きでした)ではありませんでした。

 

コーヒーは飲みましたが、1日1杯飲むか飲まないか程度

 

甘い物が好きで間食(お煎餅や甘い物)が多かったので太っていたのだと思います。

 

それと運動不足。

 

50歳くらいから太極拳をはじめ、みるみる痩せて健康的になりパート先の方と食事会したり、太極拳の「師範の試験を受けようか迷ってる」という話をしていた矢先の「膵癌発見」でした

 

母は一般的に言われている癌になりやすい人の特徴として当てはまるのは

 

「やや肥満」

 

だけ。でも膵がん発見時には太極拳もしていてスレンダーな体系でした

 

なので、上記のような生活習慣がない方でも健康診断のついでという形でもいいのでがん検査も受けてみてください

 

それで、癌が見つからなければ安心だし、見つかったとしても早期発見が期待できると思います

 

 

おわりに

今回の話はあくまでも私の「母の場合は」という事で書かせていただきました

 

母は「比較的早期発見」で手術もしましたが、5年、持ちませんでした・・・

 

私は伯母さんを乳がんで、母を膵がんで、1番上の兄を大腸がんで亡くしました

 

以前勤めていた場所で、癌でなくなる人をたくさん見てきました(看護士ではないですが)なので、ちょっとでもおかしいなと思ったらがん検査を受けてほしいと思います

 

癌は末期になってからでは遅いのです

 

テレビでは「末期からの奇跡の生還」みたいな話を放送していたりしますが、そんな人はほんの一握りです

 

もちろん、検査をして癌だったらと思うと怖くなる気持ちもわかります

 

でも、早期発見なら治る可能性が大きくなります

 

「がん検査受けたけど大丈夫だった~、お金が無駄だったかな~」っていう人が増えてくれるといいなと願っています

 

そんな私も最近「子宮がん検診」を受けてきました

 

ただいま絶賛結果待ち中!

 

何事もありませんように・・・!

 

 

関連記事

親孝行には何がいい?私がやっておいて良かったと思ったこと

※症状や特徴は日本消化器病学会のHPを参考にしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です