親孝行には何がいい?私がやっておいて良かったと思ったこと

「親孝行、したい時には親は無し」

子供の頃にこの言葉を知って私なりに両親に出来ることをしてきました

主に母親にですが(笑)

4年前に母親を亡くした私が、母と「しておいて良かったな」と思ったことと「ああ、これもしておけば良かったな」と思う事を上げてみたいと思います

あくまでも「私が」なので、すべての方に当てはまるとは限りませんが、参考になればと思います

 

親孝行「して良かったこと」

私の母は旅行が好きだったので海外旅行に一緒にいきました

・ドイツ・スイス横断8日間の旅

ノイシュバンシュタイン城の美しさに2人で感動しました

jdzren / Pixabay

 

・ディズニーワールドとミッキークルーズ8日間の旅

クルーズでの夕日、大海原を泳ぐイルカに大はしゃぎしました

werdepate / Pixabay

 

・結婚したこと

私は子供の頃、アトピー性皮膚炎がひどく、結婚しても子供は産めないと思っていたので全く結婚願望が無かったのですが、幸いなことに大人になってストレスを自分でコントロールできるようになってたからアトピー性皮膚炎があまり出なくなり、これなら結婚してもいいなと思うようになったので今の主人と結婚しました

 

・結婚式を挙げたこと

結婚願望もなかったので式を挙げるなら家を買おうと思っていたのですが、お義母さんがどうしても式を挙げてほしいと言うので仕方なく挙げた式でしたが、母も喜んでいたので今となってはやっておいて良かったなと思っています。

scottwebb / Pixabay

 

・孫を見せてあげられた

全く結婚願望が無かった私なので母もまさか「孫を抱けるなんて」と喜んでくれました

出産にも立ち会ってもらい、緊急帝王切開になったためいらない心配もかけましたが私が抱っこしても泣き止まない娘を母が抱っこするとピタッと泣き止んだのを見た時には「母ってすごいわ」と思いました

 

・孫と旅行

亡くなる1年ほど前に娘もつれて仙台へ旅行にいきました

癌が再発していたので誰も何も言わなかったのですが「母の仙台にいきたい」という一言でなにか母の覚悟を感じ母との最期の家族旅行になりました

 

旅行の事ばかりですが、母は物をもらうよりも旅行に出かけたり、ご飯を食べに行く方が好きだったので旅行は一緒に行っておいて良かったなと思っています

 

物で喜んでもらったのは相棒に出てくる「パンダのマグカップ」と財布(Dakota)ですね。この2つは最後まで使っていてくれました

 

 

やっておけば良かったこと

これは、一つだけです

 

・オーロラを見に行く

Pexels / Pixabay

 

「フィンランドでオーロラが見たい」と言っていたのですが行けませんでした

行けないと思っていたのですが、今思えば「行こうと思えば行けた」時期が何度かありました

なんで、あの時、旅行に行かなかったのだろうといまだに後悔しています

 

 

私が思う親孝行とは

あくまでも私が思う親孝行ですが・・・

 

・まっとうな人生を送る

犯罪などに手を出さないこと

 

・親の話を聞いてあげる

親の言いなりになると言うことではなく、時には食事をしながら親の愚痴を聞いたり、電話をして「昨日のテレビ見た?!」と言うような会話から親が今何を考えていて、何をしてほしいのかを読み取ることが大事かなと思います

 

・昔の人は特にこだわる「結婚」「出産」をする

こればっかりはご縁だったり天からの授かりものだったりするので絶対とは言えませんが確実に親は喜びます

 

・親よりも長生きする

これが最高の親孝行だと私は思います

私の祖母は3人子供がいるのですが、そのうち2人が癌で他界しています。祖母はいまだに「わしは何でこんなに長生きしているんだろう」と話しています(ちなみに、祖母は91歳、私の家族で祖母が一番元気です(笑)

母も私の兄が癌で他界した時はかなり肩を落としていました

 

私も母も「物より思い出派」でしたので物をあげると言うよりは旅行に行ったり、長電話したり、帰省した時にはご飯を食べに行ったり一緒にテレビをみたり買い物(普通のスーパーなど)に行ったりすると本当に喜んでくれました

 

 

何をすればいいのかわからない人はとにかく「会話」を

 

親孝行に何をしていいのかわからない方はまず、ご両親と「話」をしてみてください

 

真面目な相談と言うよりは

「テレビみた?」

「今話題の〇〇しってる~?」

みたいな他愛もない会話をしつつ

「そういえば私、旅行行きたいんだよね~」

なんてふってみると

「そうそう、お母さんもこないだテレビでみたどこどこに行ってみたいのよ~」

「じゃあ、一緒に行く~?」

なんて流れに持って行けると思います

 

物をあげたい時も普通の何気ない会話から何が欲しいのか聞いてみてくださいね

 

とくに、普段は話もしない「息子」さんが話を聞いてくれて話をしてくれるだけで親は大喜びです

 

普段の会話だって立派な「親孝行」だと思います

(私の2番目の兄はあまり話をしない人なので、時々、祖母の話に返事をしただけで祖母は何日も喜んでいます)

 

普段、両親との会話がない方は1回の会話で聞き出そうとするのではなく、何度か話をして慣れてから聞くのが良いと思います

 

普段、しないことをするのは勇気がいりますが、やっておくと将来「ああ、あの時やっておいて良かったな」と思う日がきっと来ますよ!!

 

上記に書いた私がやっておいて良かった、親孝行になったかなと思うものはその当時は話の流れで旅行に行ったりプレゼントしたりしていただけなので「親孝行している」という自覚はありませんでした

母の遺品をみていて「ああ、親孝行になってたのかな」と感じたので今回書いてみました

 

父はまだ元気なので「孫とスキーに行きたい」という願いを近々、叶えてあげたいな~と思っています♪

 

関連記事

すい臓癌の症状はわかりにくい?私の母の場合

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です